Neo Cafe 

趣味はバイクで走り回ること。

TAKATAKIKO TAKATAKIKO TAKATAKIKO

2月1日にインフルエンザにかかりました。


おかげで、2月4日に出場するはずだった「越後ウインタートライアスロン」はキャンセル。。・°°・(>_<)・°°・。


約2週間の療養をしいられ、やっと先週末に出歩けるようになりました。

毎年受けているインフルエンザの予防接種を今年は忘れていたのです。

おかげで気力もなく、毎日が地獄の日々。

いつまで落ち込んでいてもダメだと、久しぶりにハヤブサを引っ張り出しました。


幸いにもバッテリーは上がっておらず、セル一発で爆音とともにお目覚めです。


どこへ行くかも決めずに首都高速に乗って、とりあえずアクアラインで千葉に渡りました。

特に目的もなく、いつものように木更津から館山道に入ろうと思いましたが、たまには茂原方面に行ってみるかと直進して圏央道を走りました。


そのまま100キロも走れば銚子に着き、東陽ラーメンに辿り着くのですが、そんなに元気でもない。

なにせ家を出発したのは、10時半を回っていたのですから。


東陽ラーメンを思い浮かべ、今日の目的も

「ラーメンを食べること」

に決定したので、高滝湖PAで暫し休憩。


「TAKATAKIKO?」

TAKATAKIKO TAKATAKIKO TAKATAKIKO

TAKATAKIKO TAKATAKIKO TAKATAKIKO

TAKATAKIKO TAKATAKIKO TAKATAKIKO 

TAKATAKIKO……(゚∀゚)


「10回間違えないで言えたら天才だな」


くだらない冗談を言いながら、何もないPAを見回す。

PAにはだれも行かなさそうな展望台が、高滝湖を望む場所にピラミッドのようにそびえ立っていました。

f:id:sunnybusa:20180212115405j:plain

f:id:sunnybusa:20180212115340j:plain

寒風の中1人でピラミッドを登ります。

頂上に着くと予想通りの殺風景な絵が飛び込んで来ました。

「やっぱりなぁ……(u_u)」


そそくさと下山しようと、遠くに見える高滝湖に浮かんでいるナニカを捉えました。


「あれ?なんか見たことあるな。」


前に千葉のツーリング名所にあった、不思議なオブジェのことを思い出しました。

次のICで降り高滝湖に向かおうと思いましたが、空きっ腹ではこの寒さに凍えてしまう。

ハヤブサもすでにエンプティだったので、ひとまずガソリンスタンドを探し給油後にお店の人に近くのラーメン屋を紹介してもらいました。


ラーメンマップを起動してみたら、以前みんながこぞって行った「アリランラーメン八平」を発見。

がっ!しかし


「1時間並んで、オーダー取ってからまた1時間かかってさ〜(´-`)」


と、空きっ腹の私には耐え難い試練と思い、ガソリンスタンドのお姉さんに近くのラーメン屋を紹介してもらったら

なんと1キロくらいのところに、あのアリランラーメン八平の姉妹店があると言う情報をキャッチ!*\(^o^)/*


高いハイオクを満タンにして、アリランラーメン「味覚」に向かいました。

お店は道路に面していてすぐに発見出来ました。


f:id:sunnybusa:20180212122355j:plain

f:id:sunnybusa:20180213203618j:plain

f:id:sunnybusa:20180213210128j:plain

家族連れが数組並んでいましたが、1人だったのでカウンター席におよそ5分で着席。


メニューをみたら、しっかりとありらんラーメンの文字がありました。

f:id:sunnybusa:20180212122700j:plain


「えっ!ひらがなかよ!( ̄▽ ̄)」

もしかしたらあのアリランラーメンではない、似非アリランかも?(゚∀゚)

と少し疑いましたが、お腹が空いていたので

まあいいやと厨房をガン見して待ちました。

f:id:sunnybusa:20180213211126j:plain

餃子が美味しそうだったので、アリランチャーシューと餃子を頼んで10後に噂のアリランラーメンにありつく。


んっ???


カーナビでも辿り着くのが難しい?!『らーめん八平』


この店は信号曲がったら約1キロの路面店(゚∀゚)


「1時間並んだんだよなぁ」

私は5分。(゚∀゚)



「オーダーしてからさらに1時間かかったんだよなぁ」

私は10分。(゚∀゚)


しかも着いたのは12時半。


ニヤニヤしながら、玉ねぎいっぱいのアリランラーメンを頂きました。

f:id:sunnybusa:20180213203514j:plain

まずはスープを飲んでみる。

(u_u)なんだかわからん味がする


次に大量の玉ねぎの中から麺を引き上げる。

ちょっと短めな麺が、得体の知れないスープに絡んで胃に収まる。

美味いか不味いかというと、なんか一生懸命創り出した味としか言えない不思議な味。


お店の紹介欄には

玉ねぎをベースに、豚肉、にんにく、ニラ、ネギを使ったピリ辛のスープと、自家製の中太麺との相性が抜群のラーメンで、峠を超える時に、体力をつくものをつくりたいという思いで生まれた一品。」

とある。


病み上がりの私を神様が気遣ってここに連れて来てくれたのだろうと感謝してお店を後にしました。


お腹も満たしたので、いよいよあの不思議なオブジェを目指します。

お店を出て5分くらいで高滝湖に到着。

ビュービューと寒風吹き荒ぶ中、一眼レフカメラを片手に息絶え絶えに展望台へ登りました。

f:id:sunnybusa:20180212130942j:plain

病み上がりの体からは、

「なんかヤバイぞ!倒れるなよ」

と心配する声が聞こえたような聞こえなかったような…


ブルブル震えながらファインダーを覗くと、そこには得体の知れない「虫の精」( ̄▽ ̄)


いやたぶん「カゲロウの変態?」が湖の上で、ポーズをとっていました。

f:id:sunnybusa:20180212131417j:plain

f:id:sunnybusa:20180212130923j:plain


たぶん夜に来たら、その異様なオーラに湖に引きずり込まれカゲロウの餌と化してしまうことでしょう。


芸術は爆発だ!・:*+.\*1/.:+」


f:id:sunnybusa:20180213205930j:plain

*1: °ω°