Neo Cafe 

趣味はバイクで走り回ること。

笹団子

今日は田舎からおふくろがやって来た。

夕方になっても連絡がない。

駅まで車で迎えに行ってやる約束をしたものの到着時間がわからない。

5時を過ぎてらくらくホンに2回ほど電話を入れてみる

「ただいま電話に出られません………」

「電車だな」

2回で諦め仕事をする。

しばらくするとスマホ着信アリ

「駅に着いたよ。(*^_^*)」

「いきなり今着いたよって言われてもな〜」

苛立ちながら駅に向かった。

 

歩道の隅っこに、か細いおふくろの姿があった。

見つけやすいように道路に体をせり出してこちらを見ていた。

おふくろの視線を無視するかのように車を反対車線にあるコインパーキングに停めた。

 

車から降りるや否や、連絡がおそいことへの怒りをおふくろに浴びせた。

人混みに体をくねらせながら、笑顔で呟いた。

「電車の乗り換えがたいへんなんだて。」

聞き慣れた魚沼弁で必死に返した。

 

くちびるを尖らせながら両手の荷物を奪い取ると、そのままスーパーに入り夕飯の食材を物色した。

久々におふくろの肉じゃがを食べたかったので、店内を一周して肉と野菜にあとはしらたきを買って駐車場に戻った。

 

おふくろももうすぐ80歳。

傘にちなんで傘寿(さんじゅ)というらしい。

中越地震で生家を失ってから10年。

親父に先立たれ、もう23回忌を迎える。

一人新潟の田舎で暮らすおふくろには迷惑ばかりかけている。

 

小学生の時、おふくろに向かってこう言い放った。

 

「かあちゃんにおっきなうちを建ててあげるよ」

 

有言不実行のこの道楽息子をよくこれまで支えてくれたもんだ。

天国の親父と妹もしかめっ面で

 

「そうだそうだ」

 

とうなづいているだろう。

 

f:id:sunnybusa:20140627232801j:plain