Neo Cafe 

趣味はバイクで走り回ること。

甲斐の国へ

今週末は晴れると分かっていた。

銀さんからも伊豆ツーリングのお誘いもあった。


でも暑い!


そして今日は午後から予定が入っていた。


ならば涼しいうちに走っちまえ!


ということでもないが、5時前に起きてしまったので、ハヤブサを引っ張り出して中央道に乗った。


日が長いと感じるのは夕方だけではなく、朝も早よからお天道様は満面の笑み。


前方にぶっ飛ばす輩たちがいる。


久しぶりに乗った高速は、なんとも言えない開放感がらあった。


がっ!しかし、この子は国産。


後ろに着いてみたものの、あまり刺激するとテールランプがたぶん見えなくなると思いアクセルを緩めた。


道の駅どうしにでも行って、一服して帰りつもりで上野原ICで降りて下道を走る。

たぶんこっちだろうと走っていると、25年前に毎週通っていたサンメンバーゴルフ場が見えてきた。


あっ!間違えた。(^◇^;)

f:id:sunnybusa:20180701193158j:plain

グーグル先生にお願いして、高速の脇の道を道志へ誘導してもらった。( ̄▽ ̄)


f:id:sunnybusa:20180701185348j:plain

高速を横目に道志へなにしに行くのか悩む。

暑さもこれからが本番。

ただ走るだけでは、テンションガタ落ち。

城跡を検索するも、あまり唆るような場所はない。

近くの名所を検索してみたら、武田勝頼銅像があることがわかった。


甲斐の国まで来て、ただ疲れて帰っては上杉謙信公に顔向けが出来ない。(意味不明)


宿敵武田信玄の息子の武田勝頼に一目挨拶をしてから帰ることに。


中央本線甲斐大和駅のロータリー内に銅像はありました。


平成14年3月建立とありましたので、だいぶ新しめの銅像でした。

家臣に裏切られ、織田軍勢に囲まれて自決した悲運の武将。

f:id:sunnybusa:20180701204526p:plain

とありますが、

実際は飲まず食わずの戦いに疲れ果て、抵抗出来ず首を取られたという説もあります。

いずれにしても、戦国の武将は命がけで戦っていたのです。


f:id:sunnybusa:20180701075016j:plain

f:id:sunnybusa:20180701075453j:plain


ご挨拶を済ませて、中央道勝沼ICから帰路に着きました。

まだ9時前だったので、山中湖でも寄って行こうと少し悩んだのですが、早く帰りたい気持ちが強くそのまま高井戸ICまでぶっ飛ばしました。


帰る途中、気温が急上昇して真夏のカンカン照りに。

帰って来て良かった〜(^◇^;)


梅雨明けして、すでに夏モード。

干からびないように、夏はバイクはお休みだなぁ。笑


東京の街をいく

先週末にPCX150が納車された。

スクーターはアドレス125以来である。

ハヤブサに乗る前は、250ccのフォルツアに乗っていたこともある。

アドレスの時はパーツを根こそぎ盗まれ、挙げ句の果てに雨の日にはマンホールの上で転倒して全くスクーターにはいい思い出がない。

小径のホイールに細めのタイヤは、カーブで車体を傾けると前輪から掬われそうでかなり怖いというイメージがある。


PCXは、150ccとはいえアクセルを開くとかなりトルクフルな加速をする。

フォルツアのように重くなく、アドレスのようには軽くもないが、高速道路を走れるという利点も持っているバイクだ。


その身軽なスクーターで、都心を走ってみる。

気温は低いが、澄み渡った青空の下でのスクータークルージングは気持ちもウキウキする。


渋谷から246で六本木を抜け、溜池で新橋方面に向かう。

途中虎ノ門オフィスビル街で休憩。

f:id:sunnybusa:20180304101017j:plain

土曜日のオフィス街は、人もまばらで車の通りも少ない。

平日は片側4車線いっぱいに連なる車の間をすり抜けながら走っている。


改めて見ると、4車線の道路の広さに驚く。

f:id:sunnybusa:20180304101030j:plain

ビル清掃の人も街の一部になっている。

f:id:sunnybusa:20180304100907j:plain


虎ノ門から外堀通りを走り、溜池で左折して六本木通りに入る。

f:id:sunnybusa:20180310000635j:plain

f:id:sunnybusa:20180310000715j:plain

渋谷を目指し、途中で並木橋あたりから代官山へ入り街並みを見ながらゆっくり走る。


旧山手通り沿いに、濃いピンクの河津桜が見えた。


西郷山公園

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/西郷山公園

f:id:sunnybusa:20180310000814j:plain

バイクを押して一方通行を歩いて、公園内にそっと停める。


カメラ片手にズカズカと、公園の中央に咲く河津桜の近くまで行ってみる。

f:id:sunnybusa:20180310000103j:plainf:id:sunnybusa:20180310000125j:plain


公園の向こうに見える景色も癒される。

多くの家族連れが、レジャーシートを広げて楽しそうにお弁当を食べていた。


目的もなく走る我流スタイルは、時としてこんな風に素敵なスポットと出会えることがある。



バイクに戻り、旧山手通りから淡島通りに入り自宅に向かった。

初めて乗った150ccは、予想以上に楽しかった。

リッターあたり、40キロ以上走るという燃費の良さにも大満足である。


暖かくなったら、PCXにキャンプ道具を積んで旅したい。




あははは〜出来ました!

ピンポ〜ン♪


もう夜の9時近くなのに、郵便屋さんがやって来た。

「夜分遅くにすみません!(・_・;」


すみませんはこっちの方だ。

寒い中届けてもらったのは……








これだ〜〜〜(^O^)

f:id:sunnybusa:20180220204639j:plain

ハヤブサの印鑑(╹◡╹)

f:id:sunnybusa:20180220205132j:plain

3ヶ月くらい前に頼んだから、すっかり忘れてました。

実印くらいの太めの印鑑です。

f:id:sunnybusa:20180220211642j:plain



これを見た人の反応が楽しみだなぁ〜


TAKATAKIKO TAKATAKIKO TAKATAKIKO

2月1日にインフルエンザにかかりました。


おかげで、2月4日に出場するはずだった「越後ウインタートライアスロン」はキャンセル。。・°°・(>_<)・°°・。


約2週間の療養をしいられ、やっと先週末に出歩けるようになりました。

毎年受けているインフルエンザの予防接種を今年は忘れていたのです。

おかげで気力もなく、毎日が地獄の日々。

いつまで落ち込んでいてもダメだと、久しぶりにハヤブサを引っ張り出しました。


幸いにもバッテリーは上がっておらず、セル一発で爆音とともにお目覚めです。


どこへ行くかも決めずに首都高速に乗って、とりあえずアクアラインで千葉に渡りました。

特に目的もなく、いつものように木更津から館山道に入ろうと思いましたが、たまには茂原方面に行ってみるかと直進して圏央道を走りました。


そのまま100キロも走れば銚子に着き、東陽ラーメンに辿り着くのですが、そんなに元気でもない。

なにせ家を出発したのは、10時半を回っていたのですから。


東陽ラーメンを思い浮かべ、今日の目的も

「ラーメンを食べること」

に決定したので、高滝湖PAで暫し休憩。


「TAKATAKIKO?」

TAKATAKIKO TAKATAKIKO TAKATAKIKO

TAKATAKIKO TAKATAKIKO TAKATAKIKO

TAKATAKIKO TAKATAKIKO TAKATAKIKO 

TAKATAKIKO……(゚∀゚)


「10回間違えないで言えたら天才だな」


くだらない冗談を言いながら、何もないPAを見回す。

PAにはだれも行かなさそうな展望台が、高滝湖を望む場所にピラミッドのようにそびえ立っていました。

f:id:sunnybusa:20180212115405j:plain

f:id:sunnybusa:20180212115340j:plain

寒風の中1人でピラミッドを登ります。

頂上に着くと予想通りの殺風景な絵が飛び込んで来ました。

「やっぱりなぁ……(u_u)」


そそくさと下山しようと、遠くに見える高滝湖に浮かんでいるナニカを捉えました。


「あれ?なんか見たことあるな。」


前に千葉のツーリング名所にあった、不思議なオブジェのことを思い出しました。

次のICで降り高滝湖に向かおうと思いましたが、空きっ腹ではこの寒さに凍えてしまう。

ハヤブサもすでにエンプティだったので、ひとまずガソリンスタンドを探し給油後にお店の人に近くのラーメン屋を紹介してもらいました。


ラーメンマップを起動してみたら、以前みんながこぞって行った「アリランラーメン八平」を発見。

がっ!しかし


「1時間並んで、オーダー取ってからまた1時間かかってさ〜(´-`)」


と、空きっ腹の私には耐え難い試練と思い、ガソリンスタンドのお姉さんに近くのラーメン屋を紹介してもらったら

なんと1キロくらいのところに、あのアリランラーメン八平の姉妹店があると言う情報をキャッチ!*\(^o^)/*


高いハイオクを満タンにして、アリランラーメン「味覚」に向かいました。

お店は道路に面していてすぐに発見出来ました。


f:id:sunnybusa:20180212122355j:plain

f:id:sunnybusa:20180213203618j:plain

f:id:sunnybusa:20180213210128j:plain

家族連れが数組並んでいましたが、1人だったのでカウンター席におよそ5分で着席。


メニューをみたら、しっかりとありらんラーメンの文字がありました。

f:id:sunnybusa:20180212122700j:plain


「えっ!ひらがなかよ!( ̄▽ ̄)」

もしかしたらあのアリランラーメンではない、似非アリランかも?(゚∀゚)

と少し疑いましたが、お腹が空いていたので

まあいいやと厨房をガン見して待ちました。

f:id:sunnybusa:20180213211126j:plain

餃子が美味しそうだったので、アリランチャーシューと餃子を頼んで10後に噂のアリランラーメンにありつく。


んっ???


カーナビでも辿り着くのが難しい?!『らーめん八平』


この店は信号曲がったら約1キロの路面店(゚∀゚)


「1時間並んだんだよなぁ」

私は5分。(゚∀゚)



「オーダーしてからさらに1時間かかったんだよなぁ」

私は10分。(゚∀゚)


しかも着いたのは12時半。


ニヤニヤしながら、玉ねぎいっぱいのアリランラーメンを頂きました。

f:id:sunnybusa:20180213203514j:plain

まずはスープを飲んでみる。

(u_u)なんだかわからん味がする


次に大量の玉ねぎの中から麺を引き上げる。

ちょっと短めな麺が、得体の知れないスープに絡んで胃に収まる。

美味いか不味いかというと、なんか一生懸命創り出した味としか言えない不思議な味。


お店の紹介欄には

玉ねぎをベースに、豚肉、にんにく、ニラ、ネギを使ったピリ辛のスープと、自家製の中太麺との相性が抜群のラーメンで、峠を超える時に、体力をつくものをつくりたいという思いで生まれた一品。」

とある。


病み上がりの私を神様が気遣ってここに連れて来てくれたのだろうと感謝してお店を後にしました。


お腹も満たしたので、いよいよあの不思議なオブジェを目指します。

お店を出て5分くらいで高滝湖に到着。

ビュービューと寒風吹き荒ぶ中、一眼レフカメラを片手に息絶え絶えに展望台へ登りました。

f:id:sunnybusa:20180212130942j:plain

病み上がりの体からは、

「なんかヤバイぞ!倒れるなよ」

と心配する声が聞こえたような聞こえなかったような…


ブルブル震えながらファインダーを覗くと、そこには得体の知れない「虫の精」( ̄▽ ̄)


いやたぶん「カゲロウの変態?」が湖の上で、ポーズをとっていました。

f:id:sunnybusa:20180212131417j:plain

f:id:sunnybusa:20180212130923j:plain


たぶん夜に来たら、その異様なオーラに湖に引きずり込まれカゲロウの餌と化してしまうことでしょう。


芸術は爆発だ!・:*+.\*1/.:+」


f:id:sunnybusa:20180213205930j:plain

*1: °ω°

日の出奥久慈ツーリング

f:id:sunnybusa:20171125063155j:plain

先週末の土曜日に行って来ましたよ〜〜

極寒ツーリングに!

 

起床は3:00。

ユニクロウルトラダウンジャケットにヒートテックタイツを履いて、チャリでガレージに向かいます。

雪国生まれとはいえ、夜明け前は冷えて体に堪えます。

とりあえず常磐道谷田部東PAにナビをセットしてゆっくり走り出しました。

ウルトラダウンを着ているとはいえ、その下は下着とインナーだけ。

甘く見てました!

グリップヒーターは最強にしても凍傷になりそう。

高速に乗ったらほぼ冷凍庫。( ̄▽ ̄)

「まずい!このままじゃ冷凍マグロになっちまう。」

スクリーンに体を沈め、震えながら常磐道を走ります。

守谷PAが近づき、時間は予定集合時間の5:00ちょっと前。

谷田部東PAまではあと20キロもある。

「無理だ!」

凍傷になりかけた指を動かしながら守谷PAに飛び込んだ。

「どうせ誰も来るわけないもんな〜」

と、天そばを食べながらしばし休憩。

 

ネックウォーマーを深く被り、気合いを入れて守谷PAを後にしました。

途中谷田部東PAに立寄り、バイクチェック。

「だよねー!」

と呟きながら大洗を目指しました。

 

半分泣きながら走っていると、東の空がオレンジ色になって来ました。

「ヤバい!」

このままでは日の出に間に合わない!

アクセル全開してもリミッターが利いてテンションガタ落ち。

挙げ句の果てに、ひたちなか市方面ではなくつくば方面に入る痛恨のミスを犯しいつものようにICを降りてUターン。( ・∇・)

 

やっとの事で海岸に辿り着き、朝日をパシャパシャ!f:id:sunnybusa:20171125063131j:plain

パシャ!

f:id:sunnybusa:20171125063054j:plain

 

お目当ての「神磯の鳥居」前には、たくさんのカメラマンが来ていました。

f:id:sunnybusa:20171125063741j:plain

 

f:id:sunnybusa:20171125064136j:plain

 

突き刺さるような海風が、冷たいしぶきと一緒に顔に吹き付けます。

オレンジの空と真っ黒なうみを二分する地平線から、優しい光が現れました。

 

鳥居の上に留まったウミネコは、ずっと海を見つめ休んでいます。

f:id:sunnybusa:20171125065413j:plain

 

日の出ツーリングは眠さや寒さを伴いますが

、日常にない素敵な体験が出来ます。

地球ってやっぱり素晴らしい星だなぁ🌟

 

予定では健康ランドで人っ風呂浴びてから、奥久慈へ向かう予定でしたが、ソロツーということもありそのまま奥久慈へ向かいました。

 

山々は紅葉し、まるで絵画の世界に迷い込んだような気分です。

寒い思いはしましたが、ツーリングはこれがあるからやめられないですよね〜♪

 

11時開店の奥久慈駅前の玉屋旅館に到着。

10時半に駐車場して、SLが止まっている駅前を徒歩で散策。

f:id:sunnybusa:20171125102658j:plain

お店のご好意で開店前に入れてくれました。

f:id:sunnybusa:20171125103145j:plain

先日TVで奥久慈グルメ番組をやっていて、奥久慈といえばしゃも!

と聞いてぷらっと来てしまいました。

 

一人なのに二階の和室に通されて、お茶を飲みながら「名物しゃも弁当」を待ちました。

f:id:sunnybusa:20171125104620j:plain

f:id:sunnybusa:20171125105647j:plain

 

しゃもの胸肉と股肉が甘辛のたれに浸って、とっても優しい味でした。

しゃもの卵で作ったそぼろも今まで食べたことがない風味でとても美味しかったです。

 

満腹なお腹をさすりながら外に出ると、強い日差しでぽっかぽか♪    

 

紅葉を見ながらゆっくり来た道を帰ります。

f:id:sunnybusa:20171125120019j:plainf:id:sunnybusa:20171125115145j:plain

 

 

川沿いを走っていると眼下にりんご畑が見えました。

Uターンしてりんご園脇から、紅葉をパシャり!

f:id:sunnybusa:20171125120128j:plain

 

f:id:sunnybusa:20171125120901j:plainf:id:sunnybusa:20171125122049j:plain

 

 

 

 

りんご園から、もぎたてのふじを5キロ自宅に発送してもらい、おまけに3種類のりんごを頂いて来ました。

 

当たり前ですが、もぎたての果実はめちゃくちゃ美味いのです!

来年もまたりんご狩りに来よう🍎

 

車で!笑

 

 

 

 

カラダ

三年くらい前からかな〜

走ったり、チャリに乗ったり。

プールに行って泳いでみたり。


ダイエットの目的で、やたらめったらカラダを動かした。

結果的にはそこいらじゅうを痛めては、途中でやめてしまっていた。

ダイエット目的のはずが、昔のように競い合って苦しむ羽目に。

3年前に82キロもあった体重は、今は70キロを割った。

ランニング診断を受けて、フォームを意識しながら走るようになった。

ただ喘ぎながら泳ぐのもやめた。

そのせいか、筋力を増強しながら体重は減っていった。

練習後のストレッチも長めに取るようにした。


カラダが機能的に動き、何を食べても美味いし、いくら食べても太らない。

それって、この歳になると一番嬉しい事じゃない?

ここ半年引き締まってきたカラダを誇らしくさえ思えるようになった。


人間て

一人で生まれてきて

一人で死んでいく


途中で別のカラダと交換も出来ない。

あと何年か知らないけど、このカラダともさよならする時が来る。


一人で死んでいく時は

ありがとうって、自分のカラダに

ありがとう元気に動いてくれて

ありがとういろいろなところへ連れて行ってくれて

そう自分のカラダに言ってあげたい


さあ!

再来月は初トライアスロンだ〜〜(^O^)

楽しむために練習するぞー!

時を振り返る場所

朝起きて体調をチェックする。

疲れは?

膝の調子は?

めまいは?

胃の調子は?

 

今日はまあまあだな。

この前のハーフマラソン以来着ていないアンダーシャツとタイツで正装。

ランパンにTシャツを着て、シューズはもちろんマラソンシューズ。

普段は上下ジャージでの早朝ジョギングだが、今日は体調が良かったので正装でマンションを出た。

 

連日の猛暑で今日も朝から日差しが強い。

白いランニングキャップを被り、砧公園に向かう。

環八から世田谷通りへ曲がり、NHK前を左折して公園に入った。f:id:sunnybusa:20160524073248j:plain

一周約1.7キロ足らずだが、アップダウンもあり、土のクッションで膝に優しいジョギングコースである。

入口からサイクリングコースを横切りと、目の前に緑の絨毯が広がっていた。

f:id:sunnybusa:20160524073323j:plainf:id:sunnybusa:20160524073348j:plain

今から34年前。

新潟の田舎から大した志も持たず上京してきた。

冬季スポーツは当然のこと、オフシーズンは陸上トレーニングを主体に体を作る。

持久力を養うために、合宿所から4キロの道のりを走りこの砧公園でトレーニングをすることが少なからずあった。

 

入口近くのこの緑のエリアは、持久走のスタート&ゴールである。

着替えなど入ったリュックを下ろし、チームメイト全員でマニュアル通りの準備体操をする思い出深い場所である。

 

初めは集団走も徐々にペースが上がり、バトルモードにギアチェンジしていく。

 

f:id:sunnybusa:20160524073431j:plain

年に何回かこのコースを走る。

長く競技をしていた自分を忘れ過ごしてきた。

いろいろなことを経験して、振り返る余裕を持てる歳になった。

過ごして来た人生の9割が苦しく辛い時間に感じる。

でもそれはここに来ると、たかが1割にも満たないほど気にならなくなる。

なぜか…

それは一途に打ち込めるものを掴んで離さなかったからだ。

20代、30代、40代と何を掴めばいいのかわからず、ただ流されてきたのかもしれない。

 

50代になりこの場所に来ると、ふと立ち止まることが出来る。

家族は大切、友人も大切、見ず知らずの人も大切にしなければいけない。

でも一番大切にしなければならないのは、悩んだり苦しんだり、悲しんだり、病気になったり、怪我をしたりしても今まで生き抜いて来た自分を大切にしてあげなければならない気がする。

 

まあ過保護はダメだけど

 

時を振り返り、懐かしい思い出に浸かりリフレッシュ!*\(^o^)/*